So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
フランスの音楽 ブログトップ
前の5件 | -

M radio 、 フランスの音楽、聴き放題! [フランスの音楽]

お友達に素敵なラジオチャンネルを教えていただきました。
インターネットで、普通に聴けます。
M radio.
http://mradio.fr/radio/webradio

全部フランスの音楽!
エンドレスでいろんな曲を流してくれて、
さらにうれしいのは、ちゃんと今流れてる曲名をおしえてくれること。

いくつかチャンネルがあって、私のお気に入りは”Tubes du Grenier"。
Grenier は屋根裏部屋で、Tubes は管?
しらべたら、流行りの歌、という意味があるそうで。
でも屋根裏部屋のはやり歌って何?ま、気にしないことにしよう。
ノスタルジックな優しい曲がかかります。

それから、"Voix Féminines”、女性の声。女性歌手の歌ばかりです。
それに、 "Séducteurs" 誘惑者? 甘い声の男性歌手の歌が続きます。

学生時代、フランスの音楽が聴きたくても、なかなかレコードが手に入らず、
とっても苦労したことを思うと、別世界。
ネット時代になって、フランスの音楽はいくらでも聞けるようになったけど、
Youtubeは似たような曲をずっと流してはくれるけど、変な宣伝がはいるし、
ずっと聞いてると途中で微妙にずれてきたりするので、
このラジオは本当に優れもの。^^
大好きです。
聴いてみてくださいね。^^

ジ・アレキサンドラ・ローズ
IMG_2210.JPG

長雨で大変なことになりました。
自然って怖いですね。
被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。

nice!(23)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

Interstellair ~ Mylene Farmerの新しいCD [フランスの音楽]


Interstellaires

Interstellaires

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: CD



ようやく届いたMylene姫の新作。

MyleneのCD,久しぶりにずっと繰り返して聴いてます。
すごく好きです。
タイトルは星の間、という意味でロマンティック。
タイトル通りに中身もロマンティック。
いままでで一番優しい感じのアルバムだと思います。^^


これは届くまでいろいろありました。
まず、Amason フランスに普通に注文。発送の連絡。
ここまではいつも通り。
ところが、待てど暮らせどこないので、サイトで確認したところ、なぜか返金されていました。><
そういえば、返金がどうとか書いたメールがきていましたが、
なにかセールのお知らせかと思ってろくに読みませんでした。
まさか、注文がキャンセルされてるなんて、思いもしませんでしたもの。
私はキャンセルした覚えはないので、その旨メールをだしたら、
お詫びのメールが来て、どうも住所を間違えたらしくて、
(なんで間違えるんだろう?印刷よね?)
発送した荷物が戻ってきたので、そのまま返金措置をとったらしい。
もう手続きがおわっているので、どうしようもない、とのこと。
しかたがないので、再注文。
発送の連絡。
しかし、またまた来ない。。。
返金のお知らせもないので、今度は送られてきているはず。。
近くの郵便局に電話で問い合わせ。
(以前迷子になった荷物がひと月以上たって届いたことがあるので)
係りのおじさん(たぶん)たら、本当に郵便局の取り扱いですか?
ほかの運送屋さんじゃないですか?、なんて不満気。(感じ悪)
でも翌日、郵便局から、今日局にきました、なんて荷物が届きました。
(やっぱり郵便局扱いでした)
住所の印刷が不鮮明で読めなくて解読に時間がかかったらしい。
(住所は印刷がなにかにこすれて、消えていて、本当に読めなかった)
しかも荷物の梱包はかなり傷んでいて、中の本が一冊、表紙が破れてました。
なんか、ダメじゃん、Amazonフランス。><
いままでトラブルがあったことないんだけどなあ。
発送センターの人材が今一みたい。
・・・疲れました。

でも、CDがすごくよかったので、
まあいいか。。
タグ:CD Mylene Farmer
nice!(19)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Romeo et Juliette 、フランスのミュージカル [フランスの音楽]

いまさらですが、「Romeo et Juliette ロミオトジュリエット」というミュージカルにはまっています。
2001年にフランスで上映されて、大ヒットしたそうです。

たまたま動画を見つけて、
音楽も素敵、ロミオが素敵で、ジュリエットがかわいい。^^

ご覧になってくださいませ。
「aimer」
https://www.youtube.com/watch?v=2v_d5HZ0iAY&index=15&list=PL56CCEF1F36C7B3D9

コレも素敵
「les rois du monde」
https://www.youtube.com/watch?v=7gh81PYERlM&index=6&list=PL56CCEF1F36C7B3D9


通しでご覧になりたい方はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=NvizMYh87K0&list=PL8ACF7AC892DFD2B2&index=2



お姫様つながりで、シンデレラ。
(無理やりっぽい。^^;)
cinderella.jpg
水彩画。40*68センチ

4月25日公開予定のディズニー映画、シンデレラ実写版のチラシをアレンジしました。
コレは観に行く予定。
何しろお姫様が大好きなので、楽しみです。^^
nice!(26)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Benjamin Biolay   「Vengeance」 [フランスの音楽]


Vengeance

Vengeance

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Naive
  • 発売日: 2013/02/26
  • メディア: CD



大好きなBenjamin Biolay の新作。
と言っても随分前に、Mylene姫のCDと一緒に購入いたしましたの。
Myleneが久しぶりに当たりでうれしくて、こちらはちょっと後回し。^^;
う~ん、でもでも、同じ位好きかも。

いつもの素敵ななBenjamin Biolayで、こちらもエンドレス。^^
Vengeance、って復讐の文語的表現とかって。。?
そんな恐ろしげな感じはあまりしないのですけど。。
でも、ちょっぴり影はあるかしら。
歌詞は見ないので(わからないので^^;)意味はわからないのですけど。
歌詞カード、手書き風で、とっても凝ってるんですけど。

Binjamin君、素敵なお兄さんかと思っていたら、いつの間にかおじさま系に。。
誰でも年は取りますが、ビジュアル系の方はやっぱりいつまでも美しくいて欲しいです。
綺麗なお兄さんは多いけれど、素敵なおじさまになれる方は少ないです。
Benjamin君、がんばって。
セルジュ・ゲンズブール風の危ないおじさまになりそうな気も。。^^;



それからMarc Lavoineの 「Je Decend du Signe」


Je Descends Du Singe

Je Descends Du Singe

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal
  • 発売日: 2013/02/12
  • メディア: CD




こちらはちょっとイマイチだったかも。
らしくない、というか。。

MyleneのCDが「Monkey Me」 で マルク・ラヴォワヌが「Je Decend du Signe猿の子孫?」
お猿さんが人気です。
ただの偶然?・・でしょうね。^^;
nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Mylene Farmer  「Monkey Me」 [フランスの音楽]


Monkey Me

Monkey Me

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polydor Import
  • 発売日: 2012/12/11
  • メディア: CD




大好きなMilene姫の新作。
実はここ数作のCDがどうもイマイチで、さすがのMylene熱も冷めかけていたのです。
でも、今回は見事復活♪
よかった~。^^

ずっとコンビを組んでいたローラン・ブトナと前作ではコンビ解消。
違う作曲家と組んで、う~ん、と思っていたら、今回は復活で、
しかも昔の感じに戻ってる。
なんて素敵。
Welcme Back Laurand Boutonnat、
そしてWelcome Back Mylene Farmer!

ノスタルジーとかマンネリとか、きっと悪評する人もいると思うけど、
言いたい人は言えばいい。
初めて聴いたとき、途中「クロエ」が入るところ、感涙もので嬉しかった。
これがMylene Farmer, 王道です。

久しぶりに朝から晩までCDを流して、ご機嫌です。^^

お詫び;綴りが間違ってました。訂正いたしました。m(_ _)m
    と思ったら、訂正されていませんでした。^^;;
    アルファベットの綴りってキライ。
    失礼いたしました。m(_ _)m
nice!(16)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - フランスの音楽 ブログトップ