So-net無料ブログ作成

なんちゃってイングレーズ [絵付け]

イングレーズというのは、本焼き済み(市販のお皿はこれ)の白磁に、
ちょっと特殊な絵の具で絵付けして、その後、1100から1200度で焼成します。
すると、絵は釉薬の中に沈んで、表面はつるつるの、ガラス一枚かぶった感じの趣のある絵になります。

下絵の具で、本焼きの上に描いてみたらできるかとおもって、以前試しましたが、
絵の具がきれいにのびない感じで失敗。
イングレーズの絵の具は特殊な混ぜ物がしてあって、主にガラス質、というのを聞いて、
今度はフリットを混ぜてみました。

IMG_2778.JPG

釉に沈んだ感じはあって、表面はつるつる。
ですが、どうもぼんやりで。><

IMG_2777.JPG
こちらは、逆にぼんやりした感じを狙ってみましたが、
うまくぼけずに、絵の具をのせた時の粗がそのまま。><

IMG_2779.JPG
上の2枚は市販のお皿でしたが、こちらは私の手作り。
釉薬も違うし、本焼きの焼成温度も違うので、どうかな、と思いましたが、
やっぱりぼんやり?
でも、ちょっといい感じのぼやけ方で、これはあり、かも。

メディウムの種類がいけないのか、フリットがよくないのか、何かが足らないのか、練り方が甘かったのか・・?
思い当たる節が多すぎて、
何がいけなかったのかすらもよくわからず、ここで暗礁に乗り上げました。

イングレはちょっと置いといて、下絵付けを頑張った方がいいのかも?

nice!(28)  コメント(2) 

nice! 28

コメント 2

ぼんぼちぼちぼち

フチだけが薔薇模様のお皿、特にいいな!と思いやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-07-03 14:55) 

ぶーけ

ありがとうございます。^^
私もデザインとしては一番好きです。
ちょっと残念な焼き上がりでした。
by ぶーけ (2019-07-10 15:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。