So-net無料ブログ作成

居眠り磐音 [映画]

「居眠り磐音」、観てきました。
☆☆☆と半分

あらすじ

某藩、江戸詰めの仲良し3人組は、剣術の腕前のなかなかのもの。
中でも坂崎磐音は、その剣法から、居眠り磐音と呼ばれていた。
勤めを終えた彼ら(磐音と小林琴兵,河出新之助)は帰郷。
琴兵の姉妹、姉、琴はすでに新之助に嫁ぎ、妹、奈緒は坂崎磐音と婚約中。
幸せなな二人。いえ、みなさん。
ところが、奈緒に横恋慕する男との仲を叔父に吹き込また新之助は逆上。
妻をいきなり斬り殺す。
引取りにきた小林琴兵は怒り、友である新之助を斬り殺す。
狂ったような琴兵を心配で様子を見に来ていた磐音が斬る。

小林家は断絶。行方知れず。
磐音は自ら藩をでて、浪人となり、江戸に住む。

磐音は長屋住まいで、部屋には亡くなった3人の位牌が。
うなぎ屋で働きながら、かつかつの生計。
そこに両替屋の用心棒の話が舞い込む。
裏には幕閣に絡む陰謀が。。

あらすじおわり。(って、ここからが本筋なんでしょうけど。^^;)
とても感動的な時代劇です。

主演の松坂桃李が、凄腕だけど、普段は穏やかな磐音の雰囲気にあってます。
婚約者の奈緒は芳根京子、凛として清楚な武家の娘姿がかわいい。
最後、花魁姿はあでやかで美しい。
磐音を思いつつ、苦界で毅然と生きる姿は涙をさそいます。
悪徳両替商役の柄本明、怪演でした。

すごく面白かったし、感動もしました。
でも、これはテレビでもいいかな、と思います。。
あ、でも、観たことは良かったと思います。
画もきれいでしたし。^^

原作は小説で、シリーズもののようです。
映画も続きがあるのかしら?

う~ん、でもね、不貞の噂(信じちゃうんだけど)だけで、妻を手打ちにするような価値観の中で、
(噂だけで断罪したから理不尽なんだけど、事実だったら文句は言えないんでしょうね、たぶん)
最上級の花魁とはいえ、苦界に身を沈めた自分のことを、
わざわざ元婚約者に手紙で知らせるでしょうか?
私にはそこのところが、ちょっと解せぬのでございます。
やむをえず、知られてしまった後、手紙で気持ちをつたえるのならわかるのですけど。

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 27

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。