So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ハン・ソロ スターウォーズエピソード編 [映画]

「ハン・ソロ」、観てきました。
スターウォーズシリーズです。
主要登場人物、ハン・ソロの若き日の物語。
☆☆☆と半分


ハン・ソロのイメージを壊すことなく、少年~青年時代の姿が描かれています。
チューバッカとミレニアムファルコン号との出会い。
幼馴染の恋人、キーラがとてもかわいくて、でも、どこかでみたような?
なんと、「ゲームオブスローン」の竜のお姫様(またはドラゴンの母)役の方でした。
髪の色が(髪型も)違うので、イグリンに聞くまでわかりませんでした。^^;

IMG_2211 (2).JPG
キーラのイメージローズ

で、お話しですが、おもしろくないことはないのですが、
一言でいうと、「スターウォーズ」らしくないのです。
地味、暗い、泥臭い。
ところどころ、空中戦や、冒険や、スターウォーズらしいところも、あるにはありますが。

まあ、なんの後ろ盾もない孤児の主人公が一人で運命を切り開いていくお話しなので、
仕方ない、と言えば仕方ないのかも。

以下あらすじですが、知りたくない方はお読みになりませんように。





あらすじ
孤児のハン・ソロは犯罪を強制されながら、スラム街のような町で暮らす。
どこで覚えたのか、抜群のパイロットの腕を持つ。
彼はその星から脱出しようと計画。
幼馴染の女の子、キーラと共に脱出を計るが、追っ手に追われ、離れ離れに。
ハンは、たまたま募集していた帝国軍の兵士に採用される。

ソロというのは、軍の募集係が苗字をもたない独りぼっちのハンのためにつけた名前。
帝国軍の一員として、過酷な生活を続けていた。
パイロットになりたいのに、上官と衝突し養成所を追い出され、
歩兵として働かされている軍から抜け出したいハンは、
将校に化けたスパイ(バケット)をみつけ、自分を仲間にするように持ち掛けるが、
逆に脱走罪で捕まる。

捕まったハンは猛獣の檻にいれられるが、そこにいたのは泥まみれのチューバッカ(猛獣だとおもわれていた)。
なぜかチューバッカの言葉がわかった(どうしてかなあ?)ハンは
チューバッカを味方につけ、脱出。
追われるハンとチューバッカは、結局バケットらの船に拾われて、命拾い。
ハンの夢は、自由と飛行機を手に入れ、キーラを探しに行くこと。

悪の組織と取引をする彼らには、莫大な報酬と引き換えに、危険な任務がある。
超エネルギー(?)コアキシウムを帝国軍の輸送列車からの奪取すること。
しかし横取りをたくらむ盗人集団のために失敗。
なとか挽回するチャンスを得る交渉のため、悪の組織にむかったハンたち。
ハンはそこで、なんと美しく成長したキーラとであう。
キーラは過去を語らないが、悲惨な状況から悪の組織に助けられた、という。

(あらすじ、つらつら書いてますが、面倒です。^^;
読んでる方もよくわからないのではないかと思うので、この先、あまりおすすめいたしません。
お話しが面白くないわけではなく、私のまとめ方が下手なんです。><)

バケット、ハン、チューバッカはキーラを連れ、危険な任務に向かう。
精製前のコアキシウムを鉱山から奪い、精製所まで運ぶ、というもの。(全部違う星。)
精製前のコアキシウムは非常に不安定なので、すぐに精製しないと危険。
速い飛行機を入手するため、所有者ランドに会う。
彼の飛行機がミレニアム・ファルコン号。
ランドをパイロットとして、任務をなんとか遂行。
鉱山に忍び込んでコアキシウムを手に入れるも、大惨事となり、
任務中、ランドの相棒のドロイドは破壊される。
ドロイドの豊富な航空知識はミレニアムファルコン号に移された。
危険な航海(航空?)が続く中、
チューバッカはなんと操縦まででき、年齢は180歳!と判明。
しかし、相棒のドロイドを亡くした、ランドは傷心。
精製所(精製星?)に仲間を置いて、一人帰国(帰星?)

精製所でハンたちは、以前と同じ盗人集団に襲われるが、実は彼らは崇高な理想をもつ、
帝国軍に対する抵抗組織でした。
結局ハンは抵抗組織に加担することになる。

ハン・キーラ・チューバッカ・バゲットはコアキシウムを悪の組織本部に運ぶ。
土壇場でバゲットは裏切り、チューバッカに荷物を運ばせて、去る。
部屋に残された組織のボス、キーラ、ハン。
キーラはボスを裏切り、殺害。
ハンにチューバッカを助けるように促し、あとから行くから、と告げる。
が、その後彼女はさらに上の組織にボスの死亡(何者かによる殺害)とコアキシウムの紛失を報告、飛行機を指揮し、去る。
ハンはバゲットを倒し、コアキシウムは抵抗組織に渡す。
抵抗組織に誘われるものの、断る。
(後で、結局関わることになるのですが。これは本編のお話)

その後、チューバッカと共に、ランドに会いに。
賭けで勝利したハンはミレニアムファルコン号を手にする。
かくして、宇宙の無法者ハン・ソロは誕生したのです。

あらすじおわり。

キーラの過去がまったく語られないのですが、
まあ、悲惨な状況、という言葉からなんとなく想像してくれ、ってことなんでしょうが、
もう少し説明が欲しかった。
ハンに対する気持ちは本物で、結局助けたことになるのですが、
何か、もう少し状況を教えてくれると、感情移入ができるのに、と思ったのでした。


今日は長っ。
最後までお付き合いくださった方、ありがとうございました。^^
誰もいなかったりして。^^;








nice!(26)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

nice! 26

コメント 3

k-sakamama

こんばんは。
大丈夫! 最後まで読みましたよ~^^

by k-sakamama (2018-07-03 19:01) 

たかおじー

確かに、スターウォーズ感はなかったですね。
以前、「踊る大捜査線」の本広克行監督が誰を焦点に当ててもスピンオフ作品は作れるとのようなコメントをされていたことを思い出しながら本作を観てました。
ハン・ソロだったらもっと派手な作品にできなかったかな?
by たかおじー (2018-07-04 22:14) 

ぶーけ

k-sakamamaさん、
ありがとうございます。お疲れさまでした。^^

たかおじーさん、
今一受けてないのは、だからかな、と思います。
スピンオフ、いろいろできそうですね。^^
ハン・ソロ、メリハリがないんでしょうか?

by ぶーけ (2018-07-10 20:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。