So-net無料ブログ作成
検索選択

美女と野獣 [映画]

ディズニー実写版「美女と野獣」、観てきました。
☆☆☆☆と半分
とってもよかったです。^^

ディズニーアニメで一番好きなのは「美女と野獣」でした。
(関係ないけど2番は「ラプンツェル」)
実写化、と聞いた時不安がよぎりましたが、
ベル役がエマ・ワトソンと聞いて、ほっと安心。
ハーマイオニー役(ハリーポッター)のかわいい女の子が
綺麗な女性に成長しました。
気質的に、ハーマイオニーとベルは似てますよね。
(頭がよくて、気が強くて、ちょっと頑固で、本が好きで、根はやさしくて)

ベルが本が大好きですが、村にはほとんど本がありません。
でもお城には立派な図書館が。
ベルの本好きを知った野獣は図書館に案内します。
ベルは歓喜。
そこから二人の心は通い合い・・。
プレゼントはやっぱり大事、ってこと?
相手の好きなものをあげよう、っていう気持ちが大事?
同じものが好きな精神性が大事ってこと?

フランスの田舎の村の様子、お城に家具、素敵な衣装。
大好きな要素がいっぱいです。
こういう映像は実写ならでは。
村は実際にあるフランスの村を参考にしたらしいです。
(テレビでやってた、でもメモを忘れたので名前はわかりません)
ダンスシーンも素敵でした。^^(でもダンスシーンはシンデレラの方が好きかも)

一番好きなのは、最後、二人の愛で、呪いがとけて、
野獣が王子に戻り、城の人たちも元の姿に戻るところ。
それとそのあとの舞踏会。
ハッピーエンドで、豪華で、本当に楽しい気持ちで終わります。

数年前のフランス映画「美女と野獣」では、王子様に戻ったところで、
野獣の方がかっこよかった、とか思ってしまいましたが、
今回の王子様は、王子様らしくてよかったです。
でも、もっと素敵だったのが、悪役のガストン。
自信過剰で、粗野で傲慢で、乱暴で、嫌な奴なんですが、
役者さんは素敵。
むかし(白黒の時代)にジャンマレー主演の「美女と野獣」では
王子様とガストンが一人二役だったと思う。
(ガストンもそこまで嫌な奴ではなかった)
それでもよかったのに。

「美女と野獣」よく映画化されてますね。
それだけ素敵なお話しなのですね。^^

GW, お時間あったら是非ごらんくださいね。^^


薔薇が咲き始めました。

映画にでてくる魔法の薔薇みたいな紅
IMG_1011.JPG


グラミス・キャッスル?(名札がなくなったので、よくわからない)IMG_0206.JPG

キャサリン・モーレー
IMG_0201.JPG
今年の2番でした。

お花が咲き始めて、幸せ。^^

浅田真央、あなたは美しい [その他]

浅田真央ちゃんの引退から、いろんなテレビ、雑誌、新聞でも真央ちゃんの特集がありました。
あらためて、今までの真央ちゃんの姿を観て、思ったこと。
「浅田真央、あなたは美しい。」
姿かたちはもちろん、演技も、動きの一つ一つも、生きる姿勢も。

浅田真央の武器は美しさだ、って言ったのは誰でしたかしら?
アルトゥニアンコーチでしたっけ?
本当に、その通りです。





どのポーズもどの表情も美しいです。
県民栄誉賞、おめでとう。^^
国民栄誉賞も差し上げたいです。
真央ちゃんのこれからに、幸多からんことを。^^

ファーストローズが咲きました。
白モッコウです。

IMG_1008.JPG

開花は23日でした。
今年は少し遅いですね。


白磁のろくろ成形 [陶芸]

白磁土をろくろでお試し中です。
難しい、と言われているだけあって、苦戦。
なんとか形ができました。
色はやっぱり綺麗です。
でも、白磁もいろいろで、きれいな白磁はお値段もいいので、
常用するのは厳しいかも。
焼成温度も難しいです。
もっとも、何種類かの白磁をあれこれ短い期間で
使ってみたので、実はどれがどれだか、よくわからなかったりして。。^^;

絵を描くならやっぱり地は白いほうが断然映えます。
上絵付育ち(?こんな言い方ありかしら)の私にはやっぱり白が魅力です。
こちらは研究中の下絵付けです。
IMG_0969.JPG

IMG_0970.JPG

IMG_0971.JPG

IMG_0972.JPG

伊勢志摩 [おでかけ]

先日、伊勢志摩に行きました。
桜には早かったけどお天気に恵まれて楽しかったです。

IMG_0998.JPG

海は心が開放されますね。
「母なる海」みんなここから来たのですものね。^^

伊勢神宮にも何十年ぶりに行きました。
昔はたくさん鯉がいたように記憶していたのですが、
川はあったけど、鯉には会えませんでした。
いなくなっちゃったのかな?
それとも記憶違い?

お写真はほとんどスマホで撮ったので、
こちらに上げる方法がわかりません。^^;
やっぱり情報弱者の私です。
上に載せたのは今まで通りデジカメで撮ったもの。
(2枚しかなかった)
デジカメのほうが、やっぱり撮りやすいのですが、
スマホでまあまあにとれちゃうと、出番はうんと減りそう。。

4月からキードは新社会人です。
自宅をでて、一人暮らしを始めました。
寂しいです。
でも、18で離れる子も大勢いるので、
24まで一緒に暮らせたのは幸運なのかもしれません。

これから、大変なこともあると思うけど、
がんばれ、キード君。
幸せになってね。^^


追記
大事件。
真央ちゃん、引退!
びっくりしましたが、真央ちゃんの決めたことなら。
いままでありがとう。
幸せになってね。^^

雨の日のお茶会 [創作童話]

童話書きました。お暇があったら読んでみてくださいね。

雨の日のお茶会

サラは7歳の女の子です。
山のお家でおじいさんと2人で暮らしていました。
サラのお父さんはお仕事で遠くに行っていて、
お母さんはもういません。

おじいさんは木こりさんでした。
毎日山で木を切っています。
サラはおじいさんと一緒に山にでかけては、
おじいさんがお仕事をしている間、
少し開けた野原で一人あそんでおりました。
サラは歌が好きだったので、お花を摘みながら、
綺麗な声で歌いました。

サラのきれいな歌声につられて、
うさぎや、ネズミや、リスたちが
現れました。
動物たちは少しずつ近づいてきました。
サラは動物たちと仲良しになりました。

でも、雨の降る日はおじいさんはお仕事に行けません。
サラもお家で、一人でおままごとです。
おじいさんは木彫りで上手にお皿やお茶碗を作ってくれました。
サラは歌いながら、おままごとのお茶をいれました。
お客様がいないなあ。
ウサギさんたち、どうしているかしら。

その時、トントン、と壁を叩く小さな音がしました。
振り返ると、下の小さな穴から、ネズミさんが顔をだしました。
そして、綺麗な花びらを一枚くれました。
これで、お茶をいれてね。
サラは言われた通り、お茶を入れました。
花びらは一枚しかなかったのに、お茶はきれいなピンク色。
優しい甘い香りです。
サラはふんわりいい気持ちになって、そのまま眠ってしまいました。

目覚めると、そこは薄い緑色の壁紙に、花模様のカーテンの
かわいらしいお部屋でした。
サラは見知らぬ部屋のソファで眠っていたのです。
ビックリしたサラはあたりを見回しました。

木のテーブルの上にはお茶の用意ができていて、
かわいらしい女の子たちがすわっていました。
あら、起きたわよ。
ほんと、ご挨拶しなくちゃ。
女の子たちは立ち上がって、サラの周りに集まりました。

だれ?サラはびっくりして聞きました。
あら、わからない?
いつも遊んでいるじゃない。
ほら、野原で。

あ、そうか。
サラはすぐに気づきました。
大きな目の白いドレスの子はウサギさん。
グレーのドレスの小さな子はネズミさん。
茶色のドレスにポニーテイルはリスさん。

すぐに仲良くなって、みんなで楽しくお話しをしました。
それから輪になって手をつないで歌いました。

私たちね、雨の日はこうして集まるの。
また雨がふったら、遊びに来てね。

ええ、きっと。

と答えたところで、目が覚めました。

翌日、サラのお父さんが迎えに来ました。
お父さんは今度はずっと長い間、外国に行くことが決まって、
サラも連れていくことにしたのです。

それから、長いこと、サラはおじいさんのお家には行けませんでした。
お土産にもらった、おじいさんのお茶碗で、
おままごとをするたびに、
特に雨の日には、不思議なお茶会を思い出すのでした。

トントン、って壁を叩く小さな音が、
今にも聞こえてきそうな気がして、
会えないお友達を思って、サラは一心に歌いました。

何年か後、サラは有名な歌手になりました。

        おわり