So-net無料ブログ作成

秋? [絵付け 2017~]

9月に入って少しすずしくなりました。
秋、でしょうか?
まだちょっと油断できないような気もするけど。^^;

小さなティー小皿
IMG_1614.JPG


最近、「バイキング」というアメリカのTVシリーズの一話を見ました。
部族会議(?)で、罪人が裁かれます。
泥棒は石投げの刑。
殺人は死刑。
そして、次の議題は「今度の略奪はどこにしようか?」
は??
略奪はいいの?
泥棒と殺人はダメで、略奪はいいんだ。
非常に矛盾してると思うのですが。

自分たちの部族以外はいい、のかな。
そもそも世界的に戦争って、略奪がつきもの。
でも、泥棒と殺人を禁止してない国(部族)はない。
よその部族だって、外国だって、ダメなものはダメよね。

人間って変な生き物。><


nice!(22)  コメント(3) 

ワンダーウーマン [映画]

ワンダーウーマン、観てきました。
☆☆☆☆

あらすじ(ねたばれあり)

神話の時代、奴隷的な扱いに怒り、反乱を起こしたアマゾネスたち。
ゼウスは彼女たちに島を与え、濃い霧で隠し、外の世界から隠した。
いつかゼウスの敵、軍神アレースを倒すため
戦いの訓練をしながらも、平和に暮らすアマゾネス。
女王には娘がいて、プリンセスダイアナとして、
大事に(でも戦いの稽古はみっちりと)育てられていた。

ある日、秘密の島の海域へ、撃ち落された飛行機が迷い込む。
飛行機が落ちる様子をみたダイアナは、海に落ちた男性を救助。
かれは第一次大戦中のイギリスのスパイだった。

彼の話を聞き、争いの中心にいるドイツ軍将軍をアレースだと思い込んだ
ダイアナはアレースを倒せば戦が終わると信じて、
アマゾネスの国を後にする。

そして、大戦中のドイツにわたり、将軍を倒すが、戦いは終わらない。
混乱するダイアナの前にイギリスの将軍(首相?身分は忘れた)が現れる。
彼こそ軍神アレース。
そしてダイアナはアレースを倒す最終兵器として生まれたゼウスの娘。
激しい戦いの中、愛を信じるダイアナは戦いに勝利する。

そして70年?
現在ルーブル美術館で古美術関係のお店?で働いているダイアナ。
彼女は今も平和のために戦っている。

・・・・・・
ダイアナは半神なので不老不死なのかしら?
アマゾネスの皆さんは?
外界と交渉のない島で、神話の時代から、
第一次世界大戦まで、あの島でずっと生きていた?
あそこは時間が止まってる?
でもダイアナは子供から大人に成長したけど。。??

と、まあ、疑問を残しながら、
映画はとっても面白かったです。

ダイアナ役の女優さんが、本当にきれいで、
強くて、かっこいいの!
スタイル抜群で、露出の多いアマゾネスの衣装(戦闘服?)が
とっても良く似合う。


ロクロで作ったマグカップ。
IMG_1619.JPG
薔薇の花、つけてみました。

nice!(20)  コメント(2) 

フランス語学習、環境激変 [フランス]

私の学生時代、フランス語の本は少なかった。
そして高かった。
今、通販で、好きなだけ買えます。
送料と時間が少しかかるけど。
キンドルなら、即座に読めます。
そして、お安い。
フランスの文豪の全集が200円とか、300円!
(全集ですのよ。何十冊もはいってるの。読めませんけど。^^;)
最もこれはフランスの作家だけじゃなくて、日本の文豪も同じ。すごい!
(森鴎外全集、即買いました。
昔鴎外の翻訳を読みたくて、探すのどれだけ大変だったか。)
古い本なら無料だったりする。

フランス語の音声。
昔はほとんどなかった。
カセットテープは少ないうえに高かった。
そのうち、CDが出だして、
現在、フランス語の学習書には、ほぼもれなくCDがついている。
インターネットでは、ラジオもテレビも見られる。
隔世の感あり。
YouTubeではフランス語の映画やら、TVやら、盛りだくさん。
フランス語の本の朗読も、たいてい見つかります。

フランス語の添削をしてくれるサイトもあります。
Langー8 というところ。
ネイティブさんが添削してくれるの。
私は他の人の日本語を添削します。
最近お世話になってます。
私のフランス語はボロボロです。><
でもがんばるわ。

Lineではフランスの人とお話しもできます。
しかも無料。

すごい世の中になったなあ、と思います。
私、今学生だったら、きっと全然違う人生を歩んでいたかも?
それとも、やっぱりあんまり変わらないのかしら?
どんなに環境がよくても、勉強しないと結局ものにはならないものね。

それでも、今の学生さんとか、若い人はうらやましい。
この情報量の圧倒的な差。
やっぱり何かが変わってきそうな気がする。

関係ないけど、猫の小物入れ。
IMG_1620.JPG
nice!(26)  コメント(3) 

君の膵臓を食べたい [映画]

「君の膵臓を食べたい」、観てきました。
http://kimisui.jp/#/boards/kimisui

☆☆☆☆

変な題の映画です。
私一人だったら、絶対行かなかったと思うけど、
イグリンにどうしても、って連れていかれました。
タイトルから思い描く、食人、とか グロテスクなものとはまったくイメージが違いました。
ピュアで切ないお話しです。


あらすじ(ねたばれあり)

膵臓の病気で余命少ない高校生の女の子(桜良)が主人公。
クラスメートの男の子(語り手、僕)に、
たまたま「共病日記」(それに病と闘う毎日を記していた)を見られてしまった桜良は
秘密をしっても態度を変えない彼に、
あれこれと働きかけ、振り回す。

膵臓を食べる、という行為によって、その人の記憶や能力を受け継ぐことができるそうです。
僕(春樹)は桜良の明るさ、前向きさにあこがれ、
桜良は彼の一人でいる強さにあこがれる。

2人の気持ちは次第に通じ合い、最後の桜を観に行く約束をするが、
病と健気に戦う桜良の人生は通り魔の手によって、突然幕を閉じる。

12年後、母校の国語教師になっていた春樹は、
図書館の整理を頼まれ、桜良が蔵書の中に紛れ込ませた遺書に気づく。

遺書は親友だった女の子(病のことは内緒だった)と
春樹への2通。

春樹はようやく新しい人生に向かって歩き始める。

あらすじおわり


高校が舞台ですが、国語の授業でなぜか「星の王子様」
桜良が好きな本も「星の王子様」
遺書がはさんであるのも「星の王子様」

図書委員だった春樹を追って、桜良も図書委員になるのですが、
そういうわけで、図書館がメイン舞台。
図書館は古い洋館みたいな外観で、とても素敵。
「星の王子様」と図書館が好きな、私にはとてもうれしい。^^

回想シーンでは制服がブルーグリーンなのに、現在の学校の制服は明るいベージュ。
混乱しないようにわけたのかしら?

とにかく繊細で純粋で、哀しくて、心に響くお話しです。
明るい桜良の透明なかわいらしさが、より悲しみを誘います。
この題名、ちょっと損してないかな?
私みたいに、拒絶反応起こしちゃう人も多いと思うの。

題名にとらわれず、是非、ご覧くださいね。^^
イグリン、連れて行ってくれてありがとう。(書けっていわれるので。笑)


桜のイッチン模様
IMG_1618.JPG


お詫び
映画の登場人物、語り手の僕、は春樹という名前でした。
役者さんの名前の匠海、と間違えて書いていました。ごめんなさい。
こそっと直しました。
今気づいたけど、春樹と桜良。いいお名前ですね。




nice!(20)  コメント(3) 

ハリネズミと猫さん [陶芸(動物)]

針ネズミの楊枝たてです。
IMG_1617.JPG

ちょっと小さすぎました。

猫のお香たて。
IMG_1601.JPG
お写真ではよくわかりませんが、しっぽがくるってなっていて、
そこにお線香が立てられます。

もう一つ猫のお香たて
IMG_1605.JPG
猫の後ろ側は入れ物になっていて、さらにしっぽがくるんです。

小さな動物を作るのは楽しいです。^^
nice!(22)  コメント(4)