So-net無料ブログ作成
検索選択
やきものクレイアート ブログトップ
前の5件 | -

陶の花 [やきものクレイアート]

お友達が体験会に誘ってくれました。
(ありがとうございました♪)
こんなのができました。

touhana.jpg

粘土をこねて、薔薇の花を作って、1100か200度(良く覚えてない)位で焼成すると、
綺麗な磁器の花ができます。
作ったのはお花と葉っぱだけ。

粘土、扱いやすくてビックリ。
とっても肌のきれいな粘土です。
薔薇はちょっと大きくなり過ぎましたが。。^^;
結構可愛くできたとおもうの。(自己満足)

で、思い出したのが、散々苦労したアートクレイの白磁粘土。
あれはいったいなんだったの?
もちろん1000度で焼成、という画期的なものではあったけど、
あの扱いにくさったら、ちょっと大したものだった。
散々苦労してろくなものができなかった。
腕の問題かと思ったが(それも多少あるが)、粘土のせいだったのね。

あ~ん、この粘土ほしい。
1200度でる電気炉もほしい。
・・・無理!><

煩悩がまた一つ増えました。



これは某有名メーカー主催の教室の体験のお話しです。
白磁つながりでこのカテゴリーにいれました。

その後、1200度でる電気炉は入手しましたが、
こちらの粘土は入手できません。
すごく作りやすい粘土なのに残念です。

銀と白磁 [やきものクレイアート]

すったもんだの末、ようやくできあがったやきものクレイアートの作品です。
みてやってくださいね。


葉っぱにテントウムシが乗りました。
けっこうかわいい。
これはデザインの勝利ですね。(デザインは先生です。。笑)


真ん中の白磁は本当は象嵌のはずでした。
でも、一つは乾燥中にわれ、一つは焼成中に割れ、一つは焼成中にくっつき、
一つは粘土の状態が悪くて、穴が開き・・、とことん象嵌とは相性の悪い私。。。
使える象嵌作品はなかったのでした。
大きな指輪で、私これ絶対使わないわ。
どうしてブローチにしなかったのか、謎。(ブローチでもいいですよ、っておっしゃってたのに。)


一番の大作でした。
入れ物はあちこちゆがみ、もともと楕円をちょっと意識はしましたが、
焼き上がりはさらに楕円になり、しかもゆがんでいたという。。^^;
転写紙貼ってごまかしたつもり。

やきもの講座、全5回、終了しました。
終わってみればあっという間。
いろいろあったけど、おもしろかったです。(^^)

肌寒い日が続きます。
せっかくふくらみかけた薔薇の蕾、そこでストップです・・。


白磁用粘土って・・・ [やきものクレイアート]

やきものアートクレイ、講座が4回まで終わりました。
あと一度でおわりです。
今回、お家で好きな形の白磁が作れる、というのにつられて、
受講を決めたのですが、果たしてよかったのかな、なんて疑問が。。

白磁用の粘土(磁土)、わがままなんですよね。

〇最初、プチで焼ける低温焼成、というので、800度くらいかしら?、
それなら家の彩火(絵付け用の大きい電気炉)でも焼けるかも。
そしたら、お皿とかもできるかも?、なんて楽しい夢を見てはじめたのです。
が、これは第一回目の焼成温度の説明であえなくくずれました。
(999度は彩火ではでません。)

〇磁土のお値段も思ったよりうんとお高い。
大きな電気炉があって、お皿を作れるとしても、一枚〇千円になっちゃう。

〇お道具類を銀と共用できません。
粘土の状態で銀の成分が混じると変色するそうです。
銀のお道具が使えるからちょうどいい、なんて目論みもはずれ。
お道具、また増えちゃった。しかも別に保管しなくちゃいけないので面倒。

〇磁土は銀よりも扱いにくいです。
すぐヒビが入ったりします。
これは下手なだけで、経験をつめばなんとかなるでしょう。
(下手なのは私くらいで、皆さんお上手ですもの。^^;)

〇粘土は時々水分を補給してあげないと、カチカチで使えなくなります。
一ヶ月ほかった未開封の粘土、カチンコチンで使えなくなりました。
ほんとは2ヶ月は持つらしいけど、買った時点で古かったのかな?
銀粘土は水分を足すと再生できるけど、こちらは普通にお水をいれただけではダメ。
すり鉢ですらないといけないの。
すごく大変。
100グラム、するのに半日がかり。
しかも中途半端にお水につけたりしたので余計大変。
しかも出来上がりはひどかった。

〇教室で磁土を買おうとおもったら品切れでした。
後日送ってくださって、次の日、わくわくしながら製作開始。
しかし、その粘土はあまりにもやわらかかった。
クリームみたいにトロトロ。
お取替えの要望をだしたら、作りたては長持ちするように、やわらかめにできてて、
しばらく空気にさらせば、水分が飛んで作りやすくなります、とのこと。
空気中にだして、置いてみました。
・・・・3時間。(>_<)
まだだめです。
練ったら使える、という言葉に練ってみました。
ベタベタ。(~_~)
しばら~く練ってたら、ようやく使える状態になりました。
(お取替えはしていただけましたが、代わりの粘土もそう変わりませんでした。
がっくり。)

急いでる時とか、人に教える時だったら、どうするのかしら?
粘土を差し上げる事だってあるかもしれないのに、どうするの?
粘土じゃなくて、粘土の材料です、って言うの?

だいたい未開封の状態で、2ヶ月しかもたないなんて、ひどいですよね?
ポテトチップスだって4ヶ月持つのに。(関係ないか。笑)

こんな不安定な粘土、販売に踏み切ったのは、メーカーの勇み足ではないかしら?
なんて、そこまで考えちゃう。

かなり、落ち込んでます。

でも、白磁がお家でできるのはやっぱりものすごい魅力で、
めんどうでも、難しくても、やっぱり使いたい粘土。

メーカーさん、更なる改良にむけて、がんばってくださいませ。
お家で簡単に白磁ができる、なんて夢のような素敵な粘土、
とってもとっても期待しているのでございます。

追記; 結局あまりの使い勝手の悪さ、コストパフォーマンスの悪さに負け、
   制作をしなくなってしまいました。。
   メーカーさんのほうでもその後セミナーが1回か2回ありましたが、
それっきりのようです。

追追起; こちらで話題にしているのは、
やきものアートクレイというクラフト用の白磁粘土です。
    一般の陶芸用の白磁粘土とは全く違います。
    陶芸用の白磁は1250から1300度の焼成が必要です。
    ただ、使い勝手はものにもよりますが、大体はずっとよく、
お値段もずっとお安いです。
    本当の陶芸を始めて、最初、粘土のお値段にびっくり。
    なんてお安い!でした。^^;
    
    やきものクレイアート、陶芸ができる環境にいる今、
まったく魅力を感じません。
    
    ただ、初めての白磁(まがい物だけど)がやきものクレイアートで、
    アクセサリーメインだったので、
今も陶芸でアクセサリーに目が行きます。
    『初めて」の影響は大きいと思います。

基本に忠実に [やきものクレイアート]

物事に取り掛かるときはちゃんと説明書を読んで、基本に忠実にいたしましょう。

特に怖いのは2回目以降です。(>_<)

2回目の本焼きをすべく、電気炉の温度をあげました。
昇温後、電気炉に本焼き用の作品を入れました。
すごく熱くて、火傷しそう。
前はこんなことなかったのに・・・・、変だ、とそこで気がつくべきでした。

焼成後、さめるのをまって取り出したら、割れてるのがありました。
何故?
ショックでしたが、降り返ってみて、気がつきました。

作品は常温から入れてないといけなかったのです。

割れてないのは、電気炉に作品を入れるとき、熱くてあわてたので、たぶんずれたのでしょう、
くっついていました。(釉薬はガラス質なので、重なった部分はくっつきます。)
無理やりはがしたら、片方の一部がはがれました。(>_<)

まあ、本当になんと言うことでございましょう。
銀粘土は高温になってからいれてもいいので、それと混同してたんでしょうか。
2回目だから気が抜けてたんでしょうか。
白磁を高温の電気炉にいれるなんて、正気の沙汰とは思えません。 一体私は何をしてたんでしょうか。
失敗はショックですが、あまりのことにバカバカしくて、悲しむ気にもなれません。

失敗は成功の母、と思うことにいたしましょう。^^;


本焼きしました [やきものクレイアート]

やきものアートクレイ、いよいよ釉薬を塗って、本焼きです。
釉薬は細かいお粉になってるのを、乳鉢で水でといて使います。
素焼きした上に乗せると、水分がすっとひいて、お粉の膜ができます。
かなり厚めに塗るみたい。

本焼きは999度、または1000度、10分。
プチ(アートクレイで使う小さい電気炉)の出せる最高温度です。

出来上がり~。

素焼きした状態で、色が少しついていたので、これ、ほんとに白磁になるのかしら?、
なんてちょっと不安でしたが、大丈夫、ちゃんと白くなりました。(^^)
前にも書きましたが、穴には銀のテントウムシが入る予定です。
私としてはガラスを入れたい気分ですが、ガラスをいれるのはやっぱり難しいらしいです。

薔薇も作ってみました。
私にやらせると、なんでも薔薇になるのです~。(笑)
扱いにくい粘土だったので、ちょっと不出来ですが・・。(粘土のせいにして)

とりあえず、こんなのもできるよ、ということで。
でも、金具をつける穴もなにもないの。これ何かになるのかなあ。

おまけ

咲きかけで切り取った薔薇の花、お部屋の中で開きました。
ちょっと前のお写真です。
これが昨シーズンのラストローズ。
他に蕾もあったけど、つぼみは開きませんでした。残念。


前の5件 | - やきものクレイアート ブログトップ