So-net無料ブログ作成
検索選択
創作童話 ブログトップ
前の5件 | -

薔薇の咲く庭 [創作童話]

薔薇の咲く庭

街はずれに古い洋館がありました。
そこは秘密めいた不思議な場所でありました。
遠くからはきれいなお屋敷が見えるのに、
近づくと、周りの木々や高い塀が邪魔をして、
館の様子は全く見えないのでした。

ある日、近くに住む女の子が館の近くを歩いていると、
急に風が吹いてきて、帽子が飛んでしまいました。
帽子は風にのって、ひらひら、
塀の隙間から、洋館の中にはいってしまいました。
まあ、どうしましょう?

塀の隙間からのぞいてみると、きれいなお庭がみえました。
奥に噴水があって、帽子はその手前に転がっていました。
誰もいません。
女の子は勇気を出して、隙間からお庭に入っていきました。

中に入ってみると、お庭はさら美しく、
たくさんの薔薇の花が、色とりどりに
それは見事に咲いていました。
思わず見とれていると、「あなたはだあれ?」と声がしました。
ビックリしてあたりを見回すと、同じ年ごろの女の子が薔薇の茂みからでてきました。

「黙って入ってごめんなさい。
 帽子を取りに来たの。ほら、あれ。」
「そうなの。私ね、茉莉。あなたは?」
「加奈。こちらにお住まいなの?」
「そうよ。私お友達がほしかったの。
ちょうどお茶の時間だわ。来て。」
茉莉は加奈の手をひいて、屋敷の方に連れて行きました。
加奈はびっくりしましたが、
茉莉の笑顔につられて、そのまま、屋敷に入っていきました。

お屋敷の中は、古い映画のようで、加奈がみたこともないような、
広くて立派なお部屋でした。
壁には大きな棚、天井にはシャンデリア、
窓際に大きなテーブルがあって、
そこにはお茶の準備ができていました。
綺麗な女の人が、茉莉と加奈をみて、ちょっとびっくりしていいました。
「あらあら、どうしたのかしら?」
「お庭で会ったのよ。こちらは加奈ちゃん。」
加奈はちょっと照れて、「こんにちは。突然失礼します。」といいました。
「かわいいお客様は大歓迎よ。さあ、座って。
チョコレートはお好き?」
女の人は優しく笑っていいました。
2人の女の子はすぐに仲良しになりました。

おしゃべりしているのが楽しくて、あたりはあっという間に暗くなりました。
いけない、私帰らないと。
茉莉ちゃん、またね。
加奈は入ってきたのと同じところから、庭をでました。
ちょうどその時、風が吹いて、別れを惜しむかのように、
薔薇の花が揺れました。

家の近くまでくると、慌てた様子で、お母さんが駆け寄ってきました。
「加奈!どこにいたの?
さがしたのよ。」
「帽子を取りに行ってたの。」
「え?」
お母さんはとても驚いた様子です。
「3日もどこに行ってたの?」

加奈はおやつを食べて、少し遊んだだけのつもりでしたが、
お家のほうでは、3日もたっていたのです。
洋館で、お茶とお菓子をごちそうになって、
女の子と遊んだ話をすると、お母さんはさらに青ざめました。
あそこには、何年も前からだれも住んでいないはずよ。

加奈はふと、お茶の時間に薔薇の花をもらったのを思い出して、
お母さんに渡しました。
お土産。きれいでしょう?
淡いピンクのきれいな花。
薔薇を見たお母さんの顔が曇ったのに、
加奈は気づきませんでした。

加奈の失踪事件は近所ではちょっとした評判になりました。
帽子が入っていった、塀の隙間をみようと、
何人かが探しましたが、隙間は何処にもありませんでした。
門から覗いてみても、薔薇の花がみえるばかりで、人の気配はありません。

加奈も茉莉にまた会いたくて、塀のところに行ってみましたが、
やっぱり隙間はどこにもありませんでした。
もらった薔薇の花は、花が終わった後、
もしかしたら、と思って植木鉢に植えたら、芽がでてきました。
翌年、花が咲きました。
加奈は花を見るたび、不思議な薔薇のお庭を思い出しました。

ところで、閉ざされた塀の奥、誰の目にも見えないお庭で、
薔薇は美しく咲き続け、
美しい女の人と茉莉は二人でお茶を飲んでいました。

女の人は言いました。
「加奈ちゃんに会えてよかったわ。
あの子は妹の娘なの。
妹は人間に恋をして、ここから出て行ってしまったの。」

茉莉は言いました。
「加奈ちゃんを帰してしまってよかったの?」

女の人はいたずらっぽく笑っていいました。
「いいのよ。まだその時ではないから。」

茉莉はにっこりしていいました。
「気が長いのね。」

風が吹いて、薔薇の樹々をゆらします。
薔薇の花たちはおもたげに首を振って、
あたりは一面良い香りに包まれました。
風が通り過ぎると、そこには誰もいませんでした。

        おわり



hana2.jpg
nice!(26)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

雨の日のお茶会 [創作童話]

童話書きました。お暇があったら読んでみてくださいね。

雨の日のお茶会

サラは7歳の女の子です。
山のお家でおじいさんと2人で暮らしていました。
サラのお父さんはお仕事で遠くに行っていて、
お母さんはもういません。

おじいさんは木こりさんでした。
毎日山で木を切っています。
サラはおじいさんと一緒に山にでかけては、
おじいさんがお仕事をしている間、
少し開けた野原で一人あそんでおりました。
サラは歌が好きだったので、お花を摘みながら、
綺麗な声で歌いました。

サラのきれいな歌声につられて、
うさぎや、ネズミや、リスたちが
現れました。
動物たちは少しずつ近づいてきました。
サラは動物たちと仲良しになりました。

でも、雨の降る日はおじいさんはお仕事に行けません。
サラもお家で、一人でおままごとです。
おじいさんは木彫りで上手にお皿やお茶碗を作ってくれました。
サラは歌いながら、おままごとのお茶をいれました。
お客様がいないなあ。
ウサギさんたち、どうしているかしら。

その時、トントン、と壁を叩く小さな音がしました。
振り返ると、下の小さな穴から、ネズミさんが顔をだしました。
そして、綺麗な花びらを一枚くれました。
これで、お茶をいれてね。
サラは言われた通り、お茶を入れました。
花びらは一枚しかなかったのに、お茶はきれいなピンク色。
優しい甘い香りです。
サラはふんわりいい気持ちになって、そのまま眠ってしまいました。

目覚めると、そこは薄い緑色の壁紙に、花模様のカーテンの
かわいらしいお部屋でした。
サラは見知らぬ部屋のソファで眠っていたのです。
ビックリしたサラはあたりを見回しました。

木のテーブルの上にはお茶の用意ができていて、
かわいらしい女の子たちがすわっていました。
あら、起きたわよ。
ほんと、ご挨拶しなくちゃ。
女の子たちは立ち上がって、サラの周りに集まりました。

だれ?サラはびっくりして聞きました。
あら、わからない?
いつも遊んでいるじゃない。
ほら、野原で。

あ、そうか。
サラはすぐに気づきました。
大きな目の白いドレスの子はウサギさん。
グレーのドレスの小さな子はネズミさん。
茶色のドレスにポニーテイルはリスさん。

すぐに仲良くなって、みんなで楽しくお話しをしました。
それから輪になって手をつないで歌いました。

私たちね、雨の日はこうして集まるの。
また雨がふったら、遊びに来てね。

ええ、きっと。

と答えたところで、目が覚めました。

翌日、サラのお父さんが迎えに来ました。
お父さんは今度はずっと長い間、外国に行くことが決まって、
サラも連れていくことにしたのです。

それから、長いこと、サラはおじいさんのお家には行けませんでした。
お土産にもらった、おじいさんのお茶碗で、
おままごとをするたびに、
特に雨の日には、不思議なお茶会を思い出すのでした。

トントン、って壁を叩く小さな音が、
今にも聞こえてきそうな気がして、
会えないお友達を思って、サラは一心に歌いました。

何年か後、サラは有名な歌手になりました。

        おわり
nice!(26)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

神々の戯れ (薔薇と姫君 始まりの時) [創作童話]

神々の戯れ  (薔薇と姫君 始まりの時)

昔々、神々がまだ人と交わっていたころ、
気高い女神さまが、人間の若者に恋をしました。

狩りをする姿があまりに美しく、
どうしても若者を自分の側に置きたいと、望みました。

女神さまは、狩りを司る、強く美しい方でした。
ですが、若者には心に決めた娘がおりました。
女神様の美しさも、富も栄華も若者の心を動かすことはできませんでした。

この私よりいいなんて、どんな娘なんだろう?
女神さまはこっそり、若者の後をつけました。
若者はまっすぐに少女の元を訪れ、幸せな時間をすごしました。
少女はたおやかで美しく、小鹿の精のように可憐でした。
ああいう娘が好きなのか。。私の方が美しいのに。
女神様はなんとなく悔しくて、二人に魔法をかけました。

2人は石の彫像になりました。
魂だけは生まれ変わって、
いつか、人の世で、再び巡り合うことがあったなら、
永遠に2人の恋を許しましょう。
女神はいたずらっぽく笑いました。

2人の魂は人の世の果てとその反対側に転生しました。
出会うことなく一生が終わり、
その次はまた違う所で、
その次は一国の王と奴隷の娘、
南の島の漁師と北の狩人の娘、
流しの歌うたいに修道女。
決して出会うはずのない、いくつもの人生を終えました。
満たされぬ思いを抱えて、二人はいつも不幸せでした。

気の毒に思った愛の女神は、天使を呼んで言いました。
どうにかしてあの二人を会わせるように。
天使は小鳥に姿を変えました。
小鳥は薔薇の花と二人の像を受け取って、
東の宮殿と北のお屋敷に彫像を一体ずつ置きました。
やがて、出会う日のために。

狩の女神はそれを知っても、別に怒りはしませんでした。
気まぐれな女神さまは、別の若者に夢中で、
その若者も情熱的に女神様を愛していたので、
女神さまは二人のことなど、とうの昔に忘れていたのでした。

負けず嫌いの女神様は言いました。
もしも二人が出会えたら、
この世界に二人を魂を迎えるわ。
みんなで祝福しましょう。
でも、あと何百年かかるかしら?

同じく負けず嫌いの愛の女神さまもいいました。
私の名にかけて、不幸な恋人たちをこのままにしてはおけませんわ。
さあ、急いで。

小鳥は薔薇の花をくわえて、
人の世にむかって飛び立ちました。
使命は重大でありました。

      おわり

薔薇と姫君、この前、エピローグを書いたので、
プロローグも書いてみようかな、と。

私は幼いころ、絵をかくのと、本を読むのが好きでした。
学生のころから、絵を描くことはなくなって、
ひたすら本を読んでいましたが、
大人になってから、チャイナペイントや、トールペイントで、
お絵かきが復活。
最近は、本を読むことがほとんどなくなっていたのですが、
なぜかお話しを書いてみたりして。
元文学少女、根っこは変わってないのかな。
三つ子の魂、百まで?
私はきっと、一生、絵を描くことと、本(お話し)が好き、だと思います。


おまけ
IMG_0936.JPG
謹製白磁メタル

nice!(27)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

残された者 (薔薇と姫君 エピローグ) [創作童話]

残された者 (薔薇と姫君 エピローグ)

消えてしまった姫君と北の若者のことは、
不思議なことに、人々の頭からきれいに消えてしまいました。
ただ、無口は王子様だけは、かわいらしい姫君の面影をわすれませんでした。
王子様は姫君があまりにかわいらしくて、まぶしくて、
ろくにお話もできなかったのですが、
姫君が大好きでした。
何処に行ってしまったのだろう?
でも、だれに聞いても、わからない。
夢だったのかな。

お城では王子様のお妃さまを選ばなくては、と
みんながいろんな国のお姫様の肖像画を集めてきました。
その中に、一枚、いなくなった姫君にそっくりの、
薔薇を持ったお姫さまの肖像画がありました。

王子様は心を決まました。
私はこの方とでなければ、結婚しない。

やがて大好きな薔薇の花と共に嫁いできたお姫様は、
確かに、いなくなった姫君に似ていました。
王子様は恥ずかしくてお話もできなかった昔より、
少し大人になっていました。
遠くから来た独りぼっちのお姫さまに、
何かと話しかけて、笑顔をみたいとがんばりました。

ところで、そのお姫様は、ダンスや歌より、
実は機械いじりが大好きで、
王子様とはとても趣味があいました。
2人は一日中、あれこれ部品をいじっては、
実験を繰り返し、色々な発明が生まれました。
薔薇のマークの発明品は国の財政を助け、
人々の生活を豊かにしました。
2人はいつまでも、幸せに暮らしました。

めでたしめでたし。

         おわり


残された王子様が気の毒だと、いうご意見があったので、追加です。

ついでに、これなら、革命もおきないのにな、というのもあります。
(王子様のモデルはルイ16世です)


nice!(30)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

北の国の若者 (薔薇と姫君 その3) [創作童話]

続きです。


北の国の若者

遠い北の国に、広いお屋敷がありました。
お屋敷の庭には少女像がありました。
それは見る人がみんな、ため息をつくような美しさでした。
少女像の隣には薔薇の樹が植えられていて、
ちょうど髪の毛や胸元に、
飾るように薔薇の花が咲きました。

お屋敷には小さな若君がいらして、
若君はお庭で遊んだり、剣術の稽古をするたびに、
美しい像に目をとめて、うっとりと眺めるのでした。

いつしか時はすぎ、若君はりっぱな若者になりました。
父上は若者に諸国をみて、勉強してくるように命じました。
若者はいろんな国をまわり、さまざまな文化を学びました。
もとより剣の名手でありました。

やがて若者は西の国につきました。
とある舞踏会で、若者は一人の少女に目をとめました。
・・・なぜか懐かしい気がする。
それもそのはず、
その人はお屋敷の少女像に生き写しなのでありました。

若者は少女に近づき、話しかけようとしましたが、
周りの人に止められました。
少女は若者に気づかず、遠ざかってしまいました。
あの方に近づいてはいけない。
この国のお妃さまでいらっしゃる。

若者は目の前がまっくらになりました。
はじめて心惹かれた女性。
懐かしい面影を写す人。

翌日、若者はご挨拶のため、宮殿に出向きました。
そこにいたのは、紛れもなく昨日の人。
無垢な瞳の、儚げな人。

姫君は今日もいつものように、
美しく着飾って、人々の前におりました。
その時、ふと、一人の若者に目が止まりました。
大きな瞳を見開いて、少女は若者を見ました。
あなたは・・。
若者は少女が故郷にのこしてきた、美しい彫像にそっくりだったのです。

何世紀も前から、この時を待っていたように
2人の胸は高鳴りました。
けれども、言葉を交わすことはできません。

若者は悲しくなって、庭にでました。
庭の奥に、美しい薔薇が咲いているのを見つけました。
近寄ってみると、それは北の館の少女像の胸を飾っていたのと同じ薔薇でした。

ここであなたに会えるとは。
よく似た人はいるものだね。
若者は薔薇に話しかけました。

薔薇はにっこり笑っていいました。
貴方のお庭の薔薇は私の姉妹ですの。
小鳥さんがはこんでくれましたのよ。
若者は薔薇がしゃべるのを聞いて驚きました。

その時一羽の小鳥が飛んできて、薔薇の花をくわえて飛び立ちました。
若者は我知らず、その後を追いました。
角を曲がったところで、ぶつかりそうになったのは、
なんとあの姫君。

2人は永い間見つめあい、やがてお互いに手を取りました。
小鳥は薔薇を若者の上に落としました。
若者は薔薇を受け取ると、姫君の髪にさしました。
姫君はにっこりしました。
若者も微笑みました。
幸せな空気があたりに流れました。
薔薇の甘い香りが二人を包み込みました。
その瞬間、二人の姿は消えました。

2人の魂は、溶け合って一つになり、
高く高く空に昇っていきました。
2人を祝福するかのように、空は青く、どこまでも澄み渡っておりました。

残ったのは一輪の薔薇の花。
小鳥が飛んできて、薔薇の花を加えて飛び去りました。
薔薇は遠ざかる宮殿を見ながら言いました。
私たちの旅も終わるかしら?
小鳥はそっとうなづきました。



      おわり



IMG_0848.JPG


姫君のモデルはマリー・アントワネット、
北の国の若者はフェルゼン伯です。
現実には悲劇に終わった二人の恋ですが、
幸せにしてあげたかったので・・。
無理無理っぽいけど。^^;








nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 創作童話 ブログトップ