So-net無料ブログ作成

陶芸用クレパスを使って [陶芸]

先日陶芸用クレパスを作って、
使ってみた作品が焼きあがりました。

焼成前のお写真も撮っておけば、違いがわかってよかった、って
今になって思うけど、
焼成前と後とで、雰囲気、全く変わっています。

IMG_0965.JPG
小さめのお湯呑み。
これは白磁がきれいだったので、色がクリアにでてます。

IMG_0959.JPG
直系18・5センチ、高さ4・5センチ。
地の色が暗めなので、色がはっきりしません。

IMG_0966.JPG
口元を失敗したので変形。
紫のお花、クレパスの時はかわいかったけど、やきあがったら、変。
あとで上絵でリカバリーする予定。(できるかな?)

焼き上がり前はクレパスなので、お粉っぽいです。
ほわほわした感じが、かわいかったのですが、
焼成後はいったん溶けて焼き付くことになるので、
お粉っぽさは消失。
クレパス画が突然水彩画に変身してしまう感じ、ってわかりますでしょうか?
それを踏まえて、使わないといけませんね。

使い方、難しくもあり、
手軽に使えるのは、便利でもあり、
要研究、ってところでしょうか。

とりあえず、クレパスが手作りできて、
使えることが分かったので、実験成功。^^
nice!(29)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート