So-net無料ブログ作成
検索選択

雨の日のお茶会 [創作童話]

童話書きました。お暇があったら読んでみてくださいね。

雨の日のお茶会

サラは7歳の女の子です。
山のお家でおじいさんと2人で暮らしていました。
サラのお父さんはお仕事で遠くに行っていて、
お母さんはもういません。

おじいさんは木こりさんでした。
毎日山で木を切っています。
サラはおじいさんと一緒に山にでかけては、
おじいさんがお仕事をしている間、
少し開けた野原で一人あそんでおりました。
サラは歌が好きだったので、お花を摘みながら、
綺麗な声で歌いました。

サラのきれいな歌声につられて、
うさぎや、ネズミや、リスたちが
現れました。
動物たちは少しずつ近づいてきました。
サラは動物たちと仲良しになりました。

でも、雨の降る日はおじいさんはお仕事に行けません。
サラもお家で、一人でおままごとです。
おじいさんは木彫りで上手にお皿やお茶碗を作ってくれました。
サラは歌いながら、おままごとのお茶をいれました。
お客様がいないなあ。
ウサギさんたち、どうしているかしら。

その時、トントン、と壁を叩く小さな音がしました。
振り返ると、下の小さな穴から、ネズミさんが顔をだしました。
そして、綺麗な花びらを一枚くれました。
これで、お茶をいれてね。
サラは言われた通り、お茶を入れました。
花びらは一枚しかなかったのに、お茶はきれいなピンク色。
優しい甘い香りです。
サラはふんわりいい気持ちになって、そのまま眠ってしまいました。

目覚めると、そこは薄い緑色の壁紙に、花模様のカーテンの
かわいらしいお部屋でした。
サラは見知らぬ部屋のソファで眠っていたのです。
ビックリしたサラはあたりを見回しました。

木のテーブルの上にはお茶の用意ができていて、
かわいらしい女の子たちがすわっていました。
あら、起きたわよ。
ほんと、ご挨拶しなくちゃ。
女の子たちは立ち上がって、サラの周りに集まりました。

だれ?サラはびっくりして聞きました。
あら、わからない?
いつも遊んでいるじゃない。
ほら、野原で。

あ、そうか。
サラはすぐに気づきました。
大きな目の白いドレスの子はウサギさん。
グレーのドレスの小さな子はネズミさん。
茶色のドレスにポニーテイルはリスさん。

すぐに仲良くなって、みんなで楽しくお話しをしました。
それから輪になって手をつないで歌いました。

私たちね、雨の日はこうして集まるの。
また雨がふったら、遊びに来てね。

ええ、きっと。

と答えたところで、目が覚めました。

翌日、サラのお父さんが迎えに来ました。
お父さんは今度はずっと長い間、外国に行くことが決まって、
サラも連れていくことにしたのです。

それから、長いこと、サラはおじいさんのお家には行けませんでした。
お土産にもらった、おじいさんのお茶碗で、
おままごとをするたびに、
特に雨の日には、不思議なお茶会を思い出すのでした。

トントン、って壁を叩く小さな音が、
今にも聞こえてきそうな気がして、
会えないお友達を思って、サラは一心に歌いました。

何年か後、サラは有名な歌手になりました。

        おわり

続 インスタグラムとiPhone [その他]

前回の続きです。
なぜか表示されてなかったので。。
もしご覧になれていたら、これは繰り返しですので、スルーしてくださいませ。

続き

有坂多絵子さん、
すごくきれいな染付を描かれる方で、作品に一目ぼれ。
ちょうど本を出版される前にフォローさせていただいて、
もちろん発売と同時に本も購入しました。
染付の作品集はありそうでないのです。
そういう意味でも貴重だし、何より絵柄が美しいです。
ご興味ある方は是非。(わずか1月で重版されたそうです!)
インスタグラムをやってなかったら、きっと知らないままだったと思うので、
やって良かったな、って思います。


こうして、ゆるゆると楽しんでいましたが、なぜかある日から
インスタグラムの投稿がパソコンからできなくなってしまいました。
悩んだ末、ガラケーからスマホへ変更。(今頃、よいうか、ようやく、というか)
スマホならインスタグラム、大丈夫なはず。

で、あれこれして(手続きがめんどかった)
ようやくiPhone5sがやってきました。
いまは7がでてて、二つ前の機種、
古いのは別にいいけど、もう少し大きいほうがよかったかも。

はじめてのスマホはわからないことだらけ。
設定も面倒。
もたもたしている私をみかねて、キードが手伝ってくれました。
そして言いました。
「どうしてわからないの?
僕は初めて触ったときから何も困らなかったよ。」
・・・・・><
私、分からないことだらけです。
貴方とは世代格差があるのよ、と世代(年齢)のせいにして。
単に私がばかなのか、本当に世代格差なのか不明ですが、
(実はガラケーも全然使いこなせていなかったのです。)
ここで、スマホを使いこなせる能力があるのとないので、
情報化社会を生き抜く力に大きな差が出るのではないか、と思った次第です。

でもね、世代格差か不明、と書きましたが、
実は90パーセントくらい、絶対ある!と確信しています。
機械に対する親和性みたいなものの違いが絶対あると思うの。

大ざっぱな同世代では、使いこなせている人半分、わたしみたいにダメな人半分、ですが、
上の世代にいくと、1:3または1:4位。
私の狭~い社会で、ですけど。
逆に下の世代だと3:1とか4:1とか。
学生なんてもしかしたら10:0かも?

スマホにすっとなじめない私は、情報弱者なのかもしれません。
ちょっと悲しい。

IMG_0982.JPG

春めいてきましたね。
花粉もあと少し!

インスタグラムとiPhone [その他]

インスタグラムを始めたことを前に書きました。
フォローしてくださる方はまだすごく少ないのですが、
覗いてくださる方は少しいらして、
中には外国の方もいらして、世界中の方と交流したい、
という私の当初の目標(妄想)は、わずかですが叶えられました。^^
すごくうれしい。

一番のうれしかったのは、有坂多絵子さん。
先日素敵な本を出版されました。



桜のイッチン模様 [陶芸]

失敗を繰り返しながら、何度か挑戦中のイッチン模様。
今回は桜でやってみました。
失敗すると悲しいので、小さな四角形を実験用に。
たくさん作った中で、4枚、なんとか模様になりました。
IMG_0981.JPG

気をよくして次はお湯呑みで。
IMG_0963.JPG

白磁がきれいだったので、かわいくなったと思います。^^
ちょっとうれしい。
お湯呑みはかなりおデブさんなんですが。


ミス・サイゴン(舞台ミュージカル) [映画]

ミュージカル「ミス・サイゴン」を見ました。
イギリスで上演された舞台を映像化したものです。
☆☆☆☆と半分

舞台の映像化を観るのは、去年の新歌舞伎「アテルイ」以来、
2本目ですが、こういうのって、すごくいいですね。^^

ミス・サイゴンについては、まるで何も知らずに見たのですが、
なんだか「蝶々夫人」みたい、と思ったら、本当に「蝶々夫人」が元だったようで。。

あらすじ
ベトナム戦争の時代、首都サイゴンはアメリカ兵であふれていた。
猥雑で活気のあるサイゴン。
そんな中、天涯孤独の17歳の少女、キムは
キャバレー(実は売春宿)の店主(エンジニア)に拾われる。
(彼はアメリカにわたり、成功することを夢見ている。)
初日のお客さんはアメリカ兵(大使の運転手)のクリス。
彼は気の進まないまま、友人(上司?)に連れてこられたが、キムと一夜を過ごし、
深く愛し合うようになる。
アメリカに連れて帰ろうとし(もちろんキムも快諾)売春宿の仲間たちと
結婚式の真似事をする。
そこに現れた、キムの元婚約者。(親の決めた相手、親はすでにない)
彼はキムを連れ帰ろうとするが、クリスに追い返される。
戦争は急転直下、サイゴンは革命軍の手に落ち、
翌日、アメリカ兵は慌てて撤退。
クリスはキムに会えないまま、無理やりヘリに乗せられ、アメリカへ帰国。
混乱の中、キムは一人取り残される。

3年後。
キムは大変貧しい生活をしていた。
エンジニアは投獄されていたが、
元婚約者(革命軍の将校となっていた,かなり地位が高そう)に頼まれ(脅され)、
キムを探し出し、キムのところへ彼を連れてくる。
婚約者は復縁を迫るが、クリスを待ち続けているキムは断固拒否。
どんな脅しにも屈しない。
理由はクリスの子供。
(しかし、アメリカに帰国したクリスはすでに別の女性と結婚していた。)
元婚約者は激高し子供を殺そうとする。
キムは子供を守るため、元婚約者を殺害。

事情をエンジニアに話し、助けを求めるキム。
エンジニアは、混血の子供と一緒なら、
アメリカ行きのビザが取れるかもしれない、と
キム親子に協力することに。
3人はタイ、バンコクに密航。(ボートピープルってそうよね?)
エンジニアとキムは怪しげな店で働く。

一方アメリカでは、ヴェトナム戦争後の親のいない混血児が問題となっていた。
そんな中、役所経由(エンジニアが手続きをしたらしい)で、
キムと息子の存在がクリスに伝えられる。
クリスは妻と共にバンコクを訪れる。
クリスはキムの店を訪ねるが、キムは入れ違いにクリス夫妻のホテルに行き、
残っていた妻と出会い、クリスの結婚を知り、絶望する。
せめて子供を引き取ってほしい、と頼むが、色よい返事はもらえない。
キムは自殺、クリスに抱かれて息を引き取る。

  あらすじおわり

感動的ではあるけれど、なんとも後味の悪いお話しです。
私はクリスが嫌いです。
アメリカに帰って、傷ついた心を癒してくれた女性に惹かれるのはわからないではない。
でも早すぎません?
一年くらいで結婚してますよね。
惚れっぽいんでしょうかね?
その前に、探す努力くらいすればいいのに。
非公式とはいえ、結婚式してるのに。
夜中に悪夢(キムとひきはなされる?)をみて苦しむくらいなら、まず探せ!

混乱の中、一人で子供を産んで、育てなければならなかった
キムを思うと涙がでます。
男性が赴任地で現地の女性と愛しあうけど、
本人の意思にかかわらず、命令により帰国。
そのままお別れ。
こういうのって、世界中で(特に戦時中)、よくある話のようですが、
残された女性は、大変。
戦争はいけません。
いろんな意味で。

そこらへんを考えると、元婚約者の方がよっぽど実がありますね。
(嫌われ役みたいだけど)
少なくとも努力して探し出したし(権力使ってエンジニアをおどしたりしたけど)
キムの過去にもかかわらず、この先共にに生きようと思ってたし。
やり方が高圧的だし、子供を殺そうとしたのはダメだけど。

エンジニアはとにかくアメリカに恋い焦がれているのです。
アメリカンドリーム、という歌を歌うのですが、
アメリカにあるチャンス、自分には能力があるし、
チャンスさえあれば、成功できるはず、という内容。
この人は行かせてあげたかったな。

キムも(自分がクリスと結ばれないなら)、せめて子供を引き取ってほしい,と言うのです。
普通、母親は子供を手放したがらない(というか、絶対手放さない)、はずですが、
それを超える魅力が(チャンスが)アメリカにはあった、ということでしょうか?

昔の勢いのあったアメリカ、
今は昔の感がありますが、
この頃は本当にアメリカンドリームが存在したのですね。

25周年記念の特別公演だそうで、最後に、初演の役者さんたちや、
監督さんたちがでてきて、
お客さんたちもすごく盛り上がって、
なんだか同窓会のような、記念祭のような、
楽しいフィナーレでした。^^


ホワイトデー売り場で見つけたピーターの缶入りお菓子。
IMG_0978.JPG
かわいかったので、つい。
星の王子様とか、アリスの缶もあって、全部欲しくて困りました。^^;
でも、こういうのって、男の人がお返しに、よりも
女の人が自分で購入していそうな気がする。