So-net無料ブログ作成
検索選択

香りの薔薇 [薔薇の本]


庭を五感で楽しむ香りの薔薇―フランス発 高貴で洗練された甘いブーケを放つバラの香り

庭を五感で楽しむ香りの薔薇―フランス発 高貴で洗練された甘いブーケを放つバラの香り

  • 作者: マリー・エレーヌ ロエク
  • 出版社/メーカー: 産調出版
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 単行本



表紙だけみて購入したので、届くまでとっても不安でした。
でも、買って良かった。^^

表紙にある通り、香りの薔薇がテーマ。
香りに付いての薀蓄のあと、見開き1ページにつき、一種類ずつ、香りのある薔薇が紹介されています。
そのセレクションが素敵なの。
フランスの本なので、当然フランス薔薇が多くて、今まであまり良く知らない薔薇さんたちがたくさん。
見開きにつき一つの薔薇なので、作出のエピソードとか、花の咲き方の特徴とか、樹形、
香りの性質とか、それは詳しく書かれていて、なんだかうっとり。
お勧めです。

ただ、フランス語をカタカナに直したの、訳者さんじゃありませんよね?
ジャック・プレヴァーって誰?(プレヴェールですよね?)
ギロって誰?(ギヨーでしょ?)
バガテレってどこ?(ジャルダン・ド・バガテル、有名なバガテルでしょ?)
フランス語って、カタカナだとどっちかな、って表記に迷うことも多いけど、
ここら辺は違うでしょう。
すごく気になる。(ものすごく嫌)
フランス語をやった人ならありえない間違いだし、薔薇の好きな人なら、やっぱりありえない。
細かい事を言うようですが、惜しい!って感じ。

表紙のロゴもちょっと惜しいかなあ。。
フランス語を残したほうが、絶対良かったと思う。

あとね、薔薇栽培のノウハウも書いてあります、なんて背表紙に書いてあったけど、
確かに書いてあるけど、一応書きました、レヴェルです。
どの本にも書いてある事。

この本はあくまでも、香りの薔薇を堪能するための本。
ばらばらめくって楽しむための本だと思います。
今度、どの薔薇を育てようかな、ってお悩みの方にはいいガイドになるかも。


チャールズ・レーニー・マッキントッシュ
charls.jpg

charls2.jpg

charls3.jpg

ちょっと前のお写真です。
忙しくてお写真の整理ができなくて。。
本とは全然関係ないです。
チャールズ君はとってもかわいいけど、残念ながら強香とは言えませんもの。
nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 13

コメント 6

extraway

基本的にジャック・プレヴァーとなると、おかしい、ということになりそうですが、それでも前向きに入っていかれているようで、良かったとは思います。でも、フランス語の発音の良く分からなそうな人が、どうしてこのようなものを訳せるんでしょうね?。不思議。
こちら、いまGeorges Brassens のLea passantesを懸命に覚えようとしているところです。当初、モンペリエ近くの出身という彼の発音が、とても耳に馴染まない感じではありましたが、進むにつれて分かりやすく聴こえるようになってきました。でも、なかなか歌詞を全部覚えるまで時間がかかりそう。ぶーけさんの得意なフランス語。私も、関心大ではありますけれどもね。
by extraway (2008-07-23 22:01) 

旅人

香りの薔薇 素敵な本のようですね
フランス語に詳しくてすごいです
本をめくって薔薇の写真をみていると
そこから花の香りが漂ってくるなんて
いう時代もくるかもしれませんね(笑)

by 旅人 (2008-07-23 22:01) 

duke

イケメン揃いですね!
チャールズ、レーニー、マッキントッシュ君♪
あきらかに英語読みしてますね??f^_^;
by duke (2008-07-23 22:03) 

extraway

訂正。Les passantes.
by extraway (2008-07-23 22:05) 

MARI

香りでまとめた本というのも素敵ですね。
細かく薔薇の紹介がされているとことも。
薔薇の本も沢山あり過ぎて、これだけはというのを
残して手放したけど、この本はあっても良さそう。
表紙の薔薇も麗しいですね。
by MARI (2008-07-28 00:18) 

ぶーけ

extrawayさん、
固有名詞をカタカナにしたのは訳者さんじゃないんじゃないかな、って思います。ありえないと思うので。。
ブラッサンスの曲、フランス語で歌われるのですね。素敵。^^
私、偉そうに書きましたが、決してフランス語得意じゃないのです。すごく馴染み深い単語がちがってたので、違和感感じただけなんです。
誤字脱字は私もしょっちゅうです。

旅人さん、
私のフランス語は実は初心者レベルです。^^;
薔薇の写真から香りが漂ってくる薔薇の本、いいですね~。うっとりです。

dukeさん、
チャールズ君、かわいいでしょ。^^
英語読み、なんですよね。でも、イングリッシュローズをわざわざフランス語読みしてたりもして、統一感がないのもちょっと嫌かも。

MARIさん、
今までの薔薇本とはちょっと趣きが違って面白いと思います。^^
薔薇本、整理されたのですね。私、手放せなくて。。(捨てられない=かたづけられない女です)
by ぶーけ (2008-07-28 15:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1