So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

君の膵臓を食べたい [映画]

「君の膵臓を食べたい」、観てきました。
http://kimisui.jp/#/boards/kimisui

☆☆☆☆

変な題の映画です。
私一人だったら、絶対行かなかったと思うけど、
イグリンにどうしても、って連れていかれました。
タイトルから思い描く、食人、とか グロテスクなものとはまったくイメージが違いました。
ピュアで切ないお話しです。


あらすじ(ねたばれあり)

膵臓の病気で余命少ない高校生の女の子(桜良)が主人公。
クラスメートの男の子(語り手、僕)に、
たまたま「共病日記」(それに病と闘う毎日を記していた)を見られてしまった桜良は
秘密をしっても態度を変えない彼に、
あれこれと働きかけ、振り回す。

膵臓を食べる、という行為によって、その人の記憶や能力を受け継ぐことができるそうです。
僕(春樹)は桜良の明るさ、前向きさにあこがれ、
桜良は彼の一人でいる強さにあこがれる。

2人の気持ちは次第に通じ合い、最後の桜を観に行く約束をするが、
病と健気に戦う桜良の人生は通り魔の手によって、突然幕を閉じる。

12年後、母校の国語教師になっていた春樹は、
図書館の整理を頼まれ、桜良が蔵書の中に紛れ込ませた遺書に気づく。

遺書は親友だった女の子(病のことは内緒だった)と
春樹への2通。

春樹はようやく新しい人生に向かって歩き始める。

あらすじおわり


高校が舞台ですが、国語の授業でなぜか「星の王子様」
桜良が好きな本も「星の王子様」
遺書がはさんであるのも「星の王子様」

図書委員だった春樹を追って、桜良も図書委員になるのですが、
そういうわけで、図書館がメイン舞台。
図書館は古い洋館みたいな外観で、とても素敵。
「星の王子様」と図書館が好きな、私にはとてもうれしい。^^

回想シーンでは制服がブルーグリーンなのに、現在の学校の制服は明るいベージュ。
混乱しないようにわけたのかしら?

とにかく繊細で純粋で、哀しくて、心に響くお話しです。
明るい桜良の透明なかわいらしさが、より悲しみを誘います。
この題名、ちょっと損してないかな?
私みたいに、拒絶反応起こしちゃう人も多いと思うの。

題名にとらわれず、是非、ご覧くださいね。^^
イグリン、連れて行ってくれてありがとう。(書けっていわれるので。笑)


桜のイッチン模様
IMG_1618.JPG


お詫び
映画の登場人物、語り手の僕、は春樹という名前でした。
役者さんの名前の匠海、と間違えて書いていました。ごめんなさい。
こそっと直しました。




nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

ハリネズミと猫さん [陶芸(動物)]

針ネズミの楊枝たてです。
IMG_1617.JPG

ちょっと小さすぎました。

猫のお香たて。
IMG_1601.JPG
お写真ではよくわかりませんが、しっぽがくるってなっていて、
そこにお線香が立てられます。

もう一つ猫のお香たて
IMG_1605.JPG
猫の後ろ側は入れ物になっていて、さらにしっぽがくるんです。

小さな動物を作るのは楽しいです。^^
nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

暑中お見舞い申し上げます 2017 [陶芸]

暑中お見舞い申し上げます。

毎日暑いですね。
ぐったりです。

ブルーのリース
IMG_1606.JPG
約20センチ
涼しそうでしょ?


グリーンの薔薇をつけた花瓶
IMG_1603.JPG

IMG_1602.JPG

本焼き後に下絵の具で絵を描いて、もう一度本焼きしたら、
イングレーズができるかな?ってやってみましたが、失敗。
なんだかうすらぼけでした。
仕方がないので、普通に上絵付。

イングレーズの絵の具って、しらべたら、やっぱり特殊な加工がしてあるらしい。
お値段もお高いです。

不思議だったのは、白っぽかった花瓶がベージュに変色したこと。
何故?
陶芸の世界はなぞがいっぱいです。


nice!(25)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 [映画]

パイレーツ・オブ・カリビアン、最後の海賊、観てきました。
ジャックスパロー船長、今回もとっても。笑
☆☆☆☆

http://www.disney.co.jp/movie/pirates.html


出だしからびっくりです。
銀行強盗、お宝ではなく、金庫でもなく、金庫のはいった銀行の建物ごと、
しかも衆人環視の中、
馬車で引いて盗もうという、壮大な銀行強盗です。
壮大なんですけど、引っ張るのは多頭立てではあるけれどぼろぼろの馬車。
ジャックはふらふらの酔っぱらいだし。
結局お宝は全部逃走中になくなって(金庫の蓋が開いていた)失敗。
ここら辺から、しっかりパイレーツの世界で、
このテンポ、というか雰囲気はさすが。
スピーディーで、ドタバタ、コミカルで、ハラハラドキドキ、
そして、これが最後まで続くのがすごい。

以下ネタバレありです。
知りたくない方はお読みになりませんように。




呪いによって、さまよう船に永遠に捕らわれた父、ウィルを救うため、
息子のヘンリーは様々な伝説や呪いを研究。
ついにその鍵がこれまた伝説の「ポセイドンの槍」にあることを突き止める。
協力者となる(はず)のジャックスパローを探している途中、
魔のトライアングルにとらわれている元スペイン艦隊の船長、
幽霊となったサラザールと出会う。
彼もジャックスパローを追っていた。

かつて最強の海賊退治の男として、死神の異名を持ち、
ついに最後の海賊をせん滅しようとしていたサラザールは、
あと一歩のところで、若き日のジャックスパローの策略によって、
魔のトライアングルに船をすすめることとなり、闇にとらわれ、亡霊となって、復讐を誓う。

若い女性、カリーナは科学者で天文学者。
しかし、当時の社会はそれを受け入れられず、彼女は魔女として捕らえられる。
顔もしらない父の形見の古い手帳にはポセイドンの槍をめぐる伝説が。。
秘密は星にある。
彼女もまた、ポセイドンの槍を探そうとしている。

この3人が今回の新しい主要人物。
彼らと、ジャックと、海賊バルボッサ(いつもでてくるジャックのライバル?)が、
瓶にとらわれていたブラックパール号を復活させ、
「ポセイドンの槍」を目指して進む。

途中で、あっという間に終わってしまった場面ですが、
私が一番面白かったのは、ジャックの船を追うイギリス艦隊が、
あっという間に幽霊スペイン船にやっつけられるところ。

最後はモーゼの十戒ばりに海が割れて(迫力あります!)、
ポセイドンの槍がみつかり、海の狭間で大乱闘の争奪戦。
槍は手帳の教えにしたがって、壊され(こんな簡単にこわれていいの?)
呪いはとける。
バルボッサは実はカリーナの父親で、彼女を助けるために、
サラザール(呪いが解けたので人間にもどっている)を道連れに海に沈んでいく。

ヘンリーとカリーナは心が通じ合い、
海からは呪いのとけたウィルが戻ってくる。
息子ヘンリー、妻のエリザベスと再会を喜ぶ。
ジャックは再びブラックパール号の船長として旅立つ。
バルボッサのペットのお猿さんはちゃっかりジャックの肩に。

ハッピーエンドで、後味はとってもいいです。^^

最後、続編が絶対ありそうな。。

これはちょうどスペイン無敵艦隊が滅びて、
イギリス海軍が海を支配するようになるころのお話。
歴史は中世から近世に。
そして伝説は滅びゆく・・。
ポセイドンの槍がこわれて、呪いが解ける時、
「ああ、また一つ伝説が消えた・・。」
と感慨にひたってしまいました。
お話なんですけどね。
そんな風に思わせるところが、このお話(映画)のいいところだと思います。


IMG_1432.JPG

暑い日が続きます。薔薇さんたちも夏バテ。




nice!(23)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

お茶碗がたくさん [陶芸]

お茶碗をたくさん作りました。

作品、というより、作品を作るための習作、という感じで、
あれこれ、いろんなことをして遊びました。

その1 呉須を使って、縁に釉薬

IMG_1413.JPG

tyawan1.jpg

その2 釉薬でライン

tyawan2.jpg

IMG_1416.JPG

その3 呉須でお絵かき 釉薬を斜めに

IMG_1419.JPG

IMG_1420.JPG

その4 釉薬でお花

IMG_1426.JPG

その5 下絵付けの花模様

IMG_1422.JPG

その6 呉須でお絵かき

IMG_1424.JPG

その7 呉須でライン

IMG_1418.JPG


色々遊んで楽しかった。^^
この結果を生かして、次はもう少し完成度を上げたいです。

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -